Loading...
アフターピルとは?

アフターピルのしくみ

性行為後の避妊の手段としてはアフターピルが有効であるといえますが、なぜ避妊することができるのかということは薬を服用する前に知っておくことが大事になってきます。
アフターピルが避妊の効果をもたらすしくみとしては、アフターピルを服用することによって女性ホルモンを体内に入り、人工的に生理を起こさせるというしくみとなっています。
生理が起これば、受精することはないので、避妊ができるようになります。
ただし、アフターピルの効果が期待できる時間帯はおよそ72時間以内となっているので、72時間以内に服用することが重要になってきます。
もしこれ以上服用が遅くなってしまうと、避妊に失敗してしまう恐れがあります。
ですから、避妊の失敗を見据えてアフターピルを準備しておくと万が一の時に慌てることがなくなります。

副作用についても人によっては起こる可能性があるので、あらかじめ知っておく必要があります。
アフターピルによる副作用についてはめまいや倦怠感、吐き気、嘔吐、頭痛などがありますが、この中で特に注意したい副作用は嘔吐です。
吐き気に悩まされる女性
服用直後に嘔吐してしまうと、薬の成分も一緒に出てしまう恐れがありますから、アフターピルの効果がなくなってしまう可能性が高くなります。
ですから、服用直後に嘔吐してしまった場合は追加でアフターピルを服用する必要があります。
ただし、これらのアフターピルの副作用に関しては24時間以内でおさまるといわれていますから、しばらくすれば落ち着いてきます。
もしも、24時間を経過しても副作用が出るような場合は医師に相談した方が良いでしょう。
薬の入手は病院で処方してもらうのが一般的となっていますから、あらかじめ準備しておいた方がいざという時に服用できるので有効であると考えられます。

アフターピルならジェネリックのアイピルがお手頃

アフターピルを検討しているなら、ジェネリックのアイピルがおすすめです。
アイピルの画像
アフターピルを購入するには病院で購入する方が多いでしょうが、忙しい方や病院に伺うのが恥ずかしい方もなかにはいるはずです。
実際、女性の場合はピルを購入することに抵抗感のある方が多いのも実情です。
アイピルであれば、病院よりも低価格で購入をすることができ、しかも処方箋は不要になっています。
現実的にアイピルはアフターピルの中では、一番売れているピルになっています。
アイピルはピルとしての効果も高く、性行為後の24時間以内に服用すれば高確率での避妊が可能となっています。
実際ピルの購入をする場合には、保険適用外になりますので病院で購入する場合は高額になってきます。

アイピルの場合には通販での購入になりますが、サイトによっては数千円程度での購入も可能になっています。
アイピルの場合には日本の医薬品では無いので、成分に不安を感じる方もいますが、アイピルの構成要素は日本の産婦人科で処方される薬と同じですので効果は問題ありません。
ピルに抵抗感のある女性はいまだに多いのも事実ではありますが、医薬品ではなくホルモン剤ですので海外製品でも安心して服用をすることができます。
性行為後にアフターピルを服用することで急速に女性ホルモンの増幅を行い、強制的に生理を起こします。
子宮内にはいった精子を体外に排出させ、着床を防ぐ効能があるのがアフターピルなのです。
望まない妊娠を防ぐために、常備薬として保持をしておくのも良いでしょう。
海外製品でも日本の医薬品と相違はありません。
アイピルは多くの方に愛用されていて安心です。

ピルは40代にも普及しています

アフターピルには40代の女性にも普及しています。
望まない妊娠を考えるのは、中高年の女性も同じことなのです。
年齢がいってしまうと、かえって女性は妊娠することに抵抗を感じる場合もあります。
中高年の女性の妊娠は母体に危険が生じる恐れもありますし、経済的な問題で妊娠を望まないケースもあります。
中高年の女性とは言っても性行為はするものですが、身体的都合や経済的都合により妊娠を望まない場合も多いです。

20代、30代の時は母体への影響も比較的少ないですが、経済的事情や妊娠は早期と判断してアフターピルを飲み、妊娠を防ぐことはありますが、中高年の女性とは事情が違うのです。
アフターピル自体は医薬品ではなく、ホルモン剤ですので、急速に体内に女性ホルモンを増加させ、強制的に子宮外に精子を排出させるだけです。
生理を強制的に起こすだけですので副作用も少ないですし、アフターピル自体は何歳でも服用のできるホルモン剤です。

40代以降になると妊娠しにくい体になっていると思われている人もいますが、夫婦生活に性行為はつきものであり、安全な性行為を行うにはピルを服用するのがいいでしょう。
また低用量ピルには避妊の効果以外にも生理通の緩和や生理不順の改善にも効果的であるので、もう閉経も近いということで閉経がきて生理がなくなるまで飲み続けるという女性もいるようです。
もう年だからと億劫な気持ちにならずに、避妊や生理で困ったら迷わずピルを服用した方が生活の質の向上にもつながることでしょう。
もしもピルを使ってみたいけど誰にも相談できずに悩んでいるなら、専用のクリニックに通ってみて専門医の方に気になっていることを話してみると楽にもなりますし、解決策を提示してくれるかもしれません。